スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文法その3

はい、続けて文法です。

今回は、やり方について。

その1:文法の必要性
その2:文法の参考書・問題集
その3:参考書・問題集のやり方


という流れになっております。


さて、文法の参考書・問題集の具体的なやり方ですが、まず意識すべきことは以下の2つです。


1.文法事項の理解と暗記

2.文法問題の解き方の習得



わざわざ言うのは、生徒を見ているとどちらか一方で終わりにしている人が多いからです。

そのくせ、「勉強しているのに文法問題が解けないです。」と泣くもんだからたまったものじゃない。


1.文法事項の理解と暗記

これは当然ですね。これもまた理解だけで終わっている人が非常に多いです。

あるいは、問題を数多く解くことによって覚えようとする人が非常に多い。

それかなりリスキーですからやめてください。多くの問題を解いて覚えられる保証なんて何もないですよ。

単語カードを作るなりして表現やルールを必ず暗記してください。解き直しをするのもそれができてからになります。




2.文法問題の解き方の習得

暗記をしただけでは問題は解けません。

ある文法事項が「どういう形式で問われているのか」の把握し、解く際の手がかりとなるものをおさえておく必要があります。

例えば、

「文頭に否定の副詞が来たとき、主節が倒置語順になる」

という有名な文法事項がありますが、これで問われる場面は当然2通り。

A. 文頭が空所になっていて、後ろが倒置語順になっているとき
B. 倒置語順になっている部分の前が空所になっているとき

実際に文法その1で紹介した2010年度の慶應医の問題ではBのパターンですね。

「当たり前ジャン!」といえば、それはそうなんですが、

重要なのは、それを事前に想定しているかいないか、です。

机上の空論を話しているのではないのですから、”現実的に”その場で対応できるようにするためには

しっかりと想定しておくことが重要なのです。

まぁ、ちなみにA・Bから、「文頭否定で倒置になる」という考え方だけではなく、「文頭に来て倒置にさせる副詞でよく問われるのは何か」を把握しておくことも重要です。

hardlyとかseldomとかnorとか、〈前置詞+no+名詞〉とかね。

その辺は参考書・問題集に載っているので、詳しくは学習してください。

まあ皆様が忘れがちな文法事項などの細かい知識は小出しで書いていこうと思います。


ではこの辺で。

タメになったら「拍手」をぽちっと!

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。