スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英熟語

はい、遅れてごめんなさい。
まあ誰も見てないからいいんでしょうけど。(´・ω・`)

というわけで今回は熟語についてです。


まず、熟語と単語の違いは主に2つ挙げられます。


1.中学レベルの単語の組み合わせで意味を形成する。

2.文法問題として形が問われる。


1についてはお分かりのとおりだと思います。個々の単語は超基本的なものです。

trueって単語、知ってますよね?さらに、ofや、toっていう前置詞、知ってますよね?

じゃあbe true of~とbe true to~のそれぞれの意味を正確にいえますか?


前者は、「~に当てはまる」、後者は「~に忠実である」という意味です。

これを正確に答えられる人はほとんどいないでしょう。

なぜこれを覚えることが難しいのか。それは今1で述べたように、①知っている単語から形成されているから逆に覚えにくい、のと、さらには②形から意味をイメージしにくい、という2つの理由があります。

よって熟語の対策は形もしっかり書いて覚えて、できれば例文で覚える必要があるわけです。

なのでこれは単語とは違い、机に向かってやったほうが効率がいいものとなります。



2については早稲田大学の文や文化構想、その他の早慶の学部でもよく熟語が長文中で問われたりします。

さっきのbe true of~とbe true to~の例で言えば、「今回の内容から、入るべき前置詞はtoかofか」というような形で聞かれます。

これは今述べたように形を書いて覚えるようにすれば大丈夫でしょう。あとは問題を解きまくってなれる必要があります。


さて、では参考書、問題集を提示しましょう。代表的な熟語集は以下の2つです。

英熟語ターゲット1000―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)英熟語ターゲット1000―大学入試出る順 (大学JUKEN新書)
(2003/10)
花本 金吾

商品詳細を見る



解体英熟語 増訂版解体英熟語 増訂版
(1998/12)
風早 寛

商品詳細を見る


解体英熟語は近年に改定されたので表紙がないみたいです。これはZ会出版なので大きな書店に行けば売ってると思います。


基本的に合うほうでいいでしょう。あとは問題演習として以下の問題集がいいと思います。


全解説頻出英熟語問題1000―基礎チェック問題100付 (大学受験スーパーゼミ)全解説頻出英熟語問題1000―基礎チェック問題100付 (大学受験スーパーゼミ)
(1998/07)
不明

商品詳細を見る



解体英熟語の場合は、そもそも問題つきの参考書なので、マストというわけではありませんが、これ自体は非常にいい問題週なので余裕があればやってもいいかもしれません。

また、直前期(11月くらい)に確認として1ヶ月で一気にやるのもよいでしょう。



ではこれで熟語は終わります。次回は文法・構文についてです。参考になれば拍手お願いします。

テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

なぜ熟語の勉強の必要があるのか

>①知っている単語から形成されているから逆に覚えにくい、のと、さらには②形から意味をイメージしにくい

一般的には②が柱で、この②の中で①というのがあるのでは、と思いました。

Re: なぜ熟語の勉強の必要があるのか

>>たかねこさん
コメントありがとうございます。
なんだか身内の匂いがするのですが、気のせいですよね?w

>一般的には②が柱で、この②の中で①というのがあるのでは、と思いました。

確かにその通りです。

分けた意図は①が「形を覚える」という視点、②が「意味を覚える」という視点で書いたというものです。
プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。