スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度 慶應義塾大学 薬学部

・慶應義塾大学 薬学部(80分)
??ツ絞呼媛鯡簑蝓?1108words) :35分
??ツ絞呼媛鯡簑蝓?882words)  :25分
?①ツ絞呼媛鯡簑蝓?716words)  :20分

分量は「(精読を要求された2009年度とは異なり)普通の私大文系レベルの速読力が必要」が2010年度の講評であった。今年度は英文の語数はほぼ同じで、設問数は激減(昨年度のマーク式42問から、マーク式24問+記述式8問の計32問)したが、記述問題が復活した事もあり、昨年同様の設問処理速度が要求されていると考えられる。大問3問の読解問題は例年通り。

出題される長文の内容について。毎年、理系的色彩の濃い論文調の長文が出題され、今年は昨年同様、心理学と動物の行動に関する英文が出題された。前年度、今年度と医療に関わる英文は出題されなかったが、2007年度と2009年度では出題されていた。エッセー、文系的内容の英文はおそらく出題されないので、「私立医大の英語(教学社)」などを用いて自然科学系の英文で演習を積むべき。
共立薬科時代には英作文が出題されていたが、英作文、発音・アクセントは毎年出題されていない。注の付いている単語もあるが、語彙レベルは相当高い。また、「これは臓器の一種だな」というような推測力が必要。それでも捨てざるを得ない設問もあるので、得点出来る設問を確実に解答し、正規合格最低点の55%弱を狙うのが現実的だろう。

今年は簡単ではあったが、語句整序は例年難しく、共立薬科時代の語句整序もかなりの難問であったので、余裕があれば「整序問題800(桐原書店)」で対策するのが良いだろう。理系の生徒にとってはかなり難しいが、共立薬科時代も含め、英文内容、設問ともに強い傾向がある。

また、記述問題は10字で説明するなどの非常に短い問題となっており、通常の記述問題とは違って、主語や目的語を敢えて省略して解答する必要のある問題も中にはある。さらに問われれていることは文章展開把握力や文接続能力を問う問題に限らず、文法1000に載っているような知識を直接問う問題もあるのが特徴。そういう種の問題が問われることを想定し、単語帳に乗っている派生語や文法1000の知識を吸収していくべきだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。