スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文解釈とその必要性

さて、今回は英文解釈についてです。

前回の問題の解説とともにその必要性について話したいと思います。

ここでいう英文解釈とは一文レベルで正確に読み込むことを指し、一般的には構文解析といわれていますね。

SとかVとかの、そういう話です。


近年の大学入試では長文の量が増え、長文読解問題で高得点をとるかが重要になっている。


とまあ巷では言われていますよね。

その流れだからなのか、いわゆる”パラグラフリーディング”についての本や、長文読解問題に関連した問題集はたくさん出ているわけです。

自習で英語をやる場合はこれらの参考書は確かに必要です。

パラグラフリーディングは絶対に要る、というわけではありませんが、速読には不可欠な読み方です。

ですが、それ以前に一文レベルで正確に読める力がないと、それらの長文読解力というのは伸びません

「SとかVとかめんどい」という人が大半だと思います。

ま、大半だからこそ、少数が難関大学に受かるわけですが。笑

例えば河合の全統記述模試なんかで偏差値70くらい出ている人はやる構文解析をわざわざ勉強しなくてもいいかもしれません。

そういう人たちは無意識に構文解析、またはそれに相当する処理を英文に対してできているからです

しかし、そうではない人で英語でしっかり点数を取っておきたい人はやるべきですよ。


以下の問題を見てみましょう。

A:"Any luck at all, we'll get promoted."

B:"Never with our luck"


このBの"Never with our luck."どう訳すか。

構文を馬鹿にしている人に限って、「Never with~で熟語かな?」とか思いだす始末。

熟語なんて今回は入っていませんよ。


解説します。

まず、以下の前提を利用します。

前提1:英文というのは意味をなすために、原則SVXという3つの要素が揃う。
      *X:①なし、②C、③O、④OO、⑤OCの5種類。これを一般に5文型という。

前提2:SVXが揃っていない場合は省略で、①S+be省略、②同形反復の2通り。
     ①は従属接続詞節内でおこり、②は前文と同じ形を反復する際に起こる。


今回の英文をもう一回見てみると、以下のような構造になります。

 Never(M) wtih our luck(M).

Mとは修飾要素のことです。今回はどちらも副詞。withは前置詞で後ろにくる名詞とセットでMとなります。

以上、SVXが明らかに揃っていないことから、省略だと考えます。

今回は従属接続詞節内ではないので、前提2の①の可能性ではなく、②となります。

これは前文と同じ形だったときに用いられるのですから、前文から足りないSVXを補うわけですね。


前文のSVXはwe'll get promoted.ですね。

よって省略を補うと、以下のようになります。

We'll never get promoted with our luck.

あとはこれを訳すだけ。

get promotedは「昇進する」、withは「~をもって」という〈手段〉の直訳でOK。


「我々の運では、昇進できないだろう。」


これが答え。


重要なのは省略という例外を知っていることではなく、以下の2つ。

 ① 英文は原則SVXで書かれることを知っているか

 ② 普段そのことを前提として読んでいるか


この2つがあるからこそ、正確に読めるし、省略にも気づけるわけです。

逆を言えば、これらのことが満たされていないと省略なんて絶対に気づけません。

ネイティブが無意識にやっていることです。だからネイティブは省略してよく書くんです。

お分かりですか。

構文解析、すなわち英文解釈は大学受験にも、そしてこれから将来英文記事や英文雑誌を読む際にも必要なことです。


次回からは、その英文解釈力を高めるための参考書を紹介します。

本日はこの辺で。



テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。