スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾に行くべきか。

こんにちわ。

今回は塾に行くべきなのかどうかについて個人的な見解を述べておきます。


最近、高校、特に私立高校では

「塾に行かなくても、学校の勉強をしっかりやるだけで合格できる」

ということを強調するところが増えています。

日本史や世界史の場合、学校の先生がオリジナルでプリントを作っていて、それがかなり詳しい場合もあり、

そういう先生だと大丈夫だったりします。

ここでお話しするのは英語です。(他の科目はあまり詳しくないし・・・)




実際に学校だけで志望校に合格できるのでしょうか。

これは志望校のレベルによって異なります。

そのレベルが、自分の通っている高校の中で標準的である場合、

特に私立大学で延べ人数で全体の3分の1以上合格している場合、

学校の勉強だけでも問題ないでしょう。



ただ、これが学校の合格実績の中でも上位に入る場合、どうでしょうか。

私個人の意見を言わせてもらうと、相当学校で成績優秀でない限り、かなり厳しいです

理由は2つ。まず、もちろん優秀な学校の先生はいますが、多くの場合、以下の2つのタイプのどちらかにあてはまる人が多いからです。



① 英語ができない。(「スピーキングできない」とは違う)

② 入試問題の研究ができていない。




予備校講師でも大学入試問題を間違えることはあります。それだけ、大学入試問題のレベルは高いのです。

ただ、学校の先生は大学入試問題に解きなれていないためか、マニュアルがないとできないのか、

よく自分の生徒の学校の教材を見ると、英文の構造説明を間違えていたり、訳を間違えていたりします。

もともと、教員免許などを取る際に高い英語力は求められないので、英語をブラッシュアップする機会が減っているのが原因と考えられます。


さらに、研究量が圧倒的に少ないこと

最近になってやっと高校の先生も入試問題を積極的に自分で選んで、生徒にやらせているようですが、

その問題はそもそもよくないんですね。

適当に選んだとしか思えないくらいに。

近年の入試問題で良い問題というのは他の予備校の先生と意見が一致するくらい、決まっているんです。


2008年度の大阪大学の問題やら、2007年度の東大の和訳問題やら、2010年度一橋大学の問題やらetcetc。。。


で、そういう良い問題と(予備校業界では)言われている問題を、学校はあまり扱っていません。

それは問題を適当に選んでいるか、そもそもそんな問題を解説できるだけの能力がないのか、どちらかなのでしょう。



あと、もう1つの理由。学校の英語の先生は、まとまった読み方・解き方を教えられないからです。

学校は、1年で先生が変わることが結構あります。この短い期間で50分授業で読み方、解き方を生徒に習得させることは非常に難しいです。

また、教師間で競争があるわけなく、前に担当していた教師と違う読み方・解き方を教えてしまうとまずいわけですね。

だから無難な解説しかできないわけです。

「私国語できないから長文もできないんだ」と言う生徒がいるのはこれが原因です。

英語の問題なんて、明確な読み方・解き方を知っていれば国語ができるかどうかは関係ないからです。

現に私は受験時代、国語の偏差値はそれほど高くありませんでしたが、英語の偏差値で70を切ったことがありません。

もう1度言いますが、英語と国語の能力はあまり関係がないのです。

だから、今の段階で知識はあるのに英語ができていないのは、読み方・解き方をしっかり教わっていないからです。



一方で予備校のテキストを見たり、授業を1年間受けてみればわかりますが、

ほとんどの場合、しっかりと軸となる読み方・解き方を教わると思います。

なぜなら、そういう教え方をしないと、生徒から評価を得られないからです。

生徒から評価を得られないと、給料が上がらない or クビになるわけですよね。


予備校は教育「ビジネス」をしているわけですから、そういうドライな環境にいる予備校講師と、まったり環境ですごす学校の先生のどちらがいいかは明らかです。

「学校の先生には教育使命感が強く、教育熱心な人もいる」

という意見もありますが、それは予備校講師も一緒です。

むしろ生徒の「成績」を上げるということに情熱を注ぐ人は予備校業界に行く人が多いです




少なくとも、お金がなくて予備校に行く余裕がない場合は、自分で参考書・問題集をやる必要があると思いますよ。



スポンサーサイト
プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。