スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塾に行くべきか。

こんにちわ。

今回は塾に行くべきなのかどうかについて個人的な見解を述べておきます。


最近、高校、特に私立高校では

「塾に行かなくても、学校の勉強をしっかりやるだけで合格できる」

ということを強調するところが増えています。

日本史や世界史の場合、学校の先生がオリジナルでプリントを作っていて、それがかなり詳しい場合もあり、

そういう先生だと大丈夫だったりします。

ここでお話しするのは英語です。(他の科目はあまり詳しくないし・・・)




実際に学校だけで志望校に合格できるのでしょうか。

これは志望校のレベルによって異なります。

そのレベルが、自分の通っている高校の中で標準的である場合、

特に私立大学で延べ人数で全体の3分の1以上合格している場合、

学校の勉強だけでも問題ないでしょう。



ただ、これが学校の合格実績の中でも上位に入る場合、どうでしょうか。

私個人の意見を言わせてもらうと、相当学校で成績優秀でない限り、かなり厳しいです

理由は2つ。まず、もちろん優秀な学校の先生はいますが、多くの場合、以下の2つのタイプのどちらかにあてはまる人が多いからです。



① 英語ができない。(「スピーキングできない」とは違う)

② 入試問題の研究ができていない。




予備校講師でも大学入試問題を間違えることはあります。それだけ、大学入試問題のレベルは高いのです。

ただ、学校の先生は大学入試問題に解きなれていないためか、マニュアルがないとできないのか、

よく自分の生徒の学校の教材を見ると、英文の構造説明を間違えていたり、訳を間違えていたりします。

もともと、教員免許などを取る際に高い英語力は求められないので、英語をブラッシュアップする機会が減っているのが原因と考えられます。


さらに、研究量が圧倒的に少ないこと

最近になってやっと高校の先生も入試問題を積極的に自分で選んで、生徒にやらせているようですが、

その問題はそもそもよくないんですね。

適当に選んだとしか思えないくらいに。

近年の入試問題で良い問題というのは他の予備校の先生と意見が一致するくらい、決まっているんです。


2008年度の大阪大学の問題やら、2007年度の東大の和訳問題やら、2010年度一橋大学の問題やらetcetc。。。


で、そういう良い問題と(予備校業界では)言われている問題を、学校はあまり扱っていません。

それは問題を適当に選んでいるか、そもそもそんな問題を解説できるだけの能力がないのか、どちらかなのでしょう。



あと、もう1つの理由。学校の英語の先生は、まとまった読み方・解き方を教えられないからです。

学校は、1年で先生が変わることが結構あります。この短い期間で50分授業で読み方、解き方を生徒に習得させることは非常に難しいです。

また、教師間で競争があるわけなく、前に担当していた教師と違う読み方・解き方を教えてしまうとまずいわけですね。

だから無難な解説しかできないわけです。

「私国語できないから長文もできないんだ」と言う生徒がいるのはこれが原因です。

英語の問題なんて、明確な読み方・解き方を知っていれば国語ができるかどうかは関係ないからです。

現に私は受験時代、国語の偏差値はそれほど高くありませんでしたが、英語の偏差値で70を切ったことがありません。

もう1度言いますが、英語と国語の能力はあまり関係がないのです。

だから、今の段階で知識はあるのに英語ができていないのは、読み方・解き方をしっかり教わっていないからです。



一方で予備校のテキストを見たり、授業を1年間受けてみればわかりますが、

ほとんどの場合、しっかりと軸となる読み方・解き方を教わると思います。

なぜなら、そういう教え方をしないと、生徒から評価を得られないからです。

生徒から評価を得られないと、給料が上がらない or クビになるわけですよね。


予備校は教育「ビジネス」をしているわけですから、そういうドライな環境にいる予備校講師と、まったり環境ですごす学校の先生のどちらがいいかは明らかです。

「学校の先生には教育使命感が強く、教育熱心な人もいる」

という意見もありますが、それは予備校講師も一緒です。

むしろ生徒の「成績」を上げるということに情熱を注ぐ人は予備校業界に行く人が多いです




少なくとも、お金がなくて予備校に行く余裕がない場合は、自分で参考書・問題集をやる必要があると思いますよ。



スポンサーサイト

2011年度 慶應義塾大学 薬学部

・慶應義塾大学 薬学部(80分)
??ツ絞呼媛鯡簑蝓?1108words) :35分
??ツ絞呼媛鯡簑蝓?882words)  :25分
?①ツ絞呼媛鯡簑蝓?716words)  :20分

分量は「(精読を要求された2009年度とは異なり)普通の私大文系レベルの速読力が必要」が2010年度の講評であった。今年度は英文の語数はほぼ同じで、設問数は激減(昨年度のマーク式42問から、マーク式24問+記述式8問の計32問)したが、記述問題が復活した事もあり、昨年同様の設問処理速度が要求されていると考えられる。大問3問の読解問題は例年通り。

出題される長文の内容について。毎年、理系的色彩の濃い論文調の長文が出題され、今年は昨年同様、心理学と動物の行動に関する英文が出題された。前年度、今年度と医療に関わる英文は出題されなかったが、2007年度と2009年度では出題されていた。エッセー、文系的内容の英文はおそらく出題されないので、「私立医大の英語(教学社)」などを用いて自然科学系の英文で演習を積むべき。
共立薬科時代には英作文が出題されていたが、英作文、発音・アクセントは毎年出題されていない。注の付いている単語もあるが、語彙レベルは相当高い。また、「これは臓器の一種だな」というような推測力が必要。それでも捨てざるを得ない設問もあるので、得点出来る設問を確実に解答し、正規合格最低点の55%弱を狙うのが現実的だろう。

今年は簡単ではあったが、語句整序は例年難しく、共立薬科時代の語句整序もかなりの難問であったので、余裕があれば「整序問題800(桐原書店)」で対策するのが良いだろう。理系の生徒にとってはかなり難しいが、共立薬科時代も含め、英文内容、設問ともに強い傾向がある。

また、記述問題は10字で説明するなどの非常に短い問題となっており、通常の記述問題とは違って、主語や目的語を敢えて省略して解答する必要のある問題も中にはある。さらに問われれていることは文章展開把握力や文接続能力を問う問題に限らず、文法1000に載っているような知識を直接問う問題もあるのが特徴。そういう種の問題が問われることを想定し、単語帳に乗っている派生語や文法1000の知識を吸収していくべきだろう。

2011年度 京都大学 前期

長文読解問題(576words)―和訳問題3題:40分
長文読解問題(544words)―和訳問題3題:40分
英作文ー和文英訳型が2題         :40分
リスニング(総合人間・医のみ)       :20分

この出題形式はずーっと受け継がれてきている。時間配分に困ることはないが、その分完成された答案を作るために多くの時間を使って思考していく必要がある。リスニングは総合人間学部と医学部のみで、総合人間学部の場合は50点、医学部の場合は30点の配点となる。
長文では和訳問題が3題ずつ出題されるのが毎年の傾向。2005年度では下線が引かれず、問題で問うている内容の該当箇所を和訳させるというような形式だったが、該当箇所の発見は文接続で発見できるものなので誤差レベルの変化と言える。京大の和訳問題の特徴は、文構造が難しいことに加え、直訳で不自然な日本語になる表現を前後の内容を手掛かりに自然な日本語に意訳する問題が多いこと。文構造の難しいので、伊藤和夫の「英文解釈教室(研究社)」や「英文和訳演習[中級編](駿台文庫)」などで構造把握力を養成したい。意訳する問題については、特に京大レベルとなると過去問演習によって培っていくのが一番の対策になる。文章自体の抽象度が非常に高く、下線部以外の部分でも未知の単語が多く含まれているが、わかる部分をしっかり読み取って、その文と前後の文をリンクさせていくことで意訳できる問題がほとんどである
英作文は、毎年和文英訳型の問題が2題出題される。与えられた日本語を英訳しやすい日本語に捉えなおす作業(和文和訳)が必要であり、この訓練のために、「英作文のトレーニング[実践編](Z会出版)」か「最難関大への英作文(桐原書店)」のどちらかを購入し、対策をしてから過去演習に入りたい。少なくとも上記の参考書は11月の中旬までには終わらせること。
リスニングは総合人間学部と医学部のみ20分で出題されるものだが、放送される英文のスピードが速いそうなので、ナチュラルスピードで聞く訓練をしたい。聞きなれたスクリプトをiPodの倍速再生を利用して耳に慣れさせるというのも有効。

問題の解説

お久しぶりです。

私ただいま就職活動中でして、手いっぱいとなってました。

社会人になる前に、今まで積み重ねてきたものをこのブログに残して皆様に還元しておきたいので、なるべく書くようにします。ごめんなさい。

さて、今回は以前のブログに紹介した

My hat has been sat on.

これの解釈方法の解説となります。


前提としておさえておきたいのは、

「なぜ、わざわざ受動態にする必要があるのか」

ということです。

英語においては、「情報構造」という考え方があり、それを反映させる場合もありますが、

今回は日本語にも共通する理由を説明したいと思います。



さて、受動態というのは、(動作主を省略して)動作の目的語を主語に持ってくる構文のことです。

例えば、

Columbus discovered the country in 1492.

という英文は、Columbus(S) discovered(V) the country(O) in 1492(M).という構造なので

The country was discovered by Columbus in 1492.

という受動態に書き換えることができます。

特に、

We call the girl Betty.

というように動作主が代名詞などの場合はby~を省略して

The girl was called Betty.

と表現します。


後者について焦点を当てます。

by~が省略できる場合、つまり動作主が省略できる場合というのは具体的にどういうときか、以下の2通りです。

・明らかに動作主がわかる場合
・動作主が書き手(話し手)にとってもわからない場合


なんだか当たり前のような聞こえ方ですが。笑

1つ目の場合は代名詞だとか、明らかにわかる表現の場合のことで、2つ目は特に日本語も同じですよね。

ニュースなどで「○○さんが殺害された事件のことで・・・」みたいな言い回しをすることからもわかると思います。


で、「受動態にする理由はそもそも何なのか」ということですが、これは2つ目が絡みますが、

受動態は、動作主を省略して文を成立させることができるから

なのですね。




今回の英文を見ていきます。

My hat has been sat on.

この英文はまず、be動詞+過去分詞形の形を動詞がとっているので、受動態であると考えられます。

受動態である場合、先ほど確認したとおり、主語は元々目的語だったので、能動態に戻すと

○○○ has sat on my hat.

となるはずですね。問題なのは○○○の動作主の部分です。

これはby~がないので、それを補うのですが、今述べた受動態にする理由から

「誰が私の帽子の上に座っているのかわからない」から受動態にしているのだと発想します。

英語で言うと、Someoneを補うわけですね。

だから

Someone has sat on my hat.

として

「誰かが、私の帽子の上に座っている。」

というのが正解となります。


*実際の入試において、「私の帽子が座られている」だとほぼ確実にゼロ点です。日本語を受動態にする場合、人を主語にするのが正しい日本語だからです。今回の英文は能動態に戻して訳す必要があります。









テーマ : 大学受験
ジャンル : 学校・教育

なぜか

訪問者が増えてきたので、近々また書いていこうと思います。
プロフィール

F1RST ENG1NEER

Author:F1RST ENG1NEER
現役大学生であり、現役塾講師でもあります。
慶應義塾大学経済学部に所属しています。教えてる科目は英語。
好きなスポーツはアメフト。
ただ別にアメリカが好きなわけではないです。
わたしは一端の愛国者。

何か質問・要望があれば↓のアドレスへ(◆を半角@にして送信してください)。

first-engineer◆wine.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。